月夜桜閲覧室

管理人の戯言(日常・二次三次元の萌え)+創作小説です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAT-TUNバトン

  1. 2006.
  2. 11.
  3. 10
  4. (Fri)
  5. 00:23
旅行記の二日目書こうと思ったんですが、写真上手く載せれないので。
うーん。


なので、高月さんから頂いたバトンを。

KAT-TUNバトンを、指名で頂けるなんて、嬉しすぎます!
ありがとう御座います!



以下、KAT-TUNバトン
「KAT-TUNバトン」の続き▽
・KAT-TUNバトン ~コンサートスタッフに挑戦編~
コンサート・イベントのスタッフ、一度でいいからやりたいなぁ。



1.あなたがコンサート会場に入ると…

A: 「こんにちは、お姫様」やっぱり笑顔な田口淳之介
B: 「あー可愛い子がきたー!」駆け寄ってくる上田竜也


問答無用B。
自分が可愛いかどうかはこの際、放っておきます。

っていうか、貴方が一番可愛いですからね?
その辺、忘れずに。

2.メンバーと打ち合わせ、とりあえず座らなきゃ…

A: 「俺の隣でいーじゃん」強引に腕を引っ張る赤西仁
B: 「隣の席、いいですか?」自然にいいつつ顔は真っ赤な中丸雄一

Bのゆっち。
自然な感じが良いです。

っか、コンサートスタッフにそういう感情を向けてもらえるのか?
とか、自分どれだけ魅力的よ?
っていう、現実的な疑問は、湿原の底なし沼に沈めます。
妄想くらいすきにさせて!

3.メンバーのために衣装を運んでいると…

A: 「あ、俺手伝いますよ!」後ろから笑顔で掛けてくる 亀梨和也
B: 「急げ急げ!」まだ時間はたっぷりなのに急ぐふりして手伝う田中聖

Aカメちゃん。
貴方は主役なんだから、そんな事しなくていいのに。とか言っても、「いいの俺がやりたいから、手伝うの」ってにやっとね。

ああああ!
殺す気ですね!

妄想で鼻血です。

4.もうすぐコンサート開演!

A: 「ちゃんと俺のことみてろよ」耳元で囁く赤西仁
B: 「俺さーミスしちゃうかもしんないからアイコンタクトしてね」
   肩をぽんぽんする上田竜也

問答無用、B。
アイコンタクトなどしたら、死にます。
肩に触れられたら、死にます。
萌え死にます。
うひょひょ。
ああああああ!だって大好きなんだもん!

5.コンサートがはじまって…

A: こっそり舞台裏にむかってウィンクする亀梨和也
B: スタンバイ中に微笑みかけてくれる田口淳之介

A。
沢山ファンが居るのに、私にだけ!
ウインクした後、にやって、口の片端だけ上げて笑って、ファンに視線戻すの!

うひょーーーー!
妄想全開、ノンストップです。

6.感動のラスト!メンバーがはけてきます

A: 「なーんか今日は調子よかったんだよなー」
      遠まわしに喜んでる田中聖
B: 「今日は有難うございます!おかげで頑張れました」
   お礼は忘れない社会人中丸雄一

B、ゆっち。
裏方はお礼を言われると、嬉しいのです。

7.あれ、感動で涙が…

A: 「よしよし」肩を抱いて背中をぽんぽん、亀梨和也
B: 「おい泣くなよ…ほら涙ふけって!」ハンカチを差し出す
   何気に優しい赤西仁

Aかな?
仁はハンカチってイメージじゃないです。私。
もっと強引な感じなイメージで(私はどんな妄想をしているのでしょうね!)

8.片付け中、まさかのアクシデント!照明が自分のところに落ちてきます

A: 「ちょっ…血でてるじゃん…とりあえずこれで止血ね」
      自分のTシャツを脱ぎ渡してくれる上田竜也
B: 「だっ大丈夫!?ケガしてない!?血でてない!?」
   すごく心配してくれる中丸雄一

問答無用Aですが、Bも棄てがたいですね。
両方で。
あ、だめ?
きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
こんなに心配してくれるなら、照明の一つや二つっ!!!!(キケン!)


9.打ち上げ会場にて…

A: 「これ、好きなんですか?僕もこの料理
       大好きなんですよねー」のほほん田口淳之介
B: 「ちょ、これマジうめーから!お前も食ってみ!」
   無理やりな田中聖

B?
いや、A?
どっちもいいですね。
此れも、両方で・
あ?だめ?
うるさいな!
妄想位好きにさせてよ!

10.そろそろ帰らなきゃ…

A: 「俺今日車なんで乗ってきます?」実は計画犯、亀梨和也
B: 「は?もう帰んの?つか俺んちでいーじゃん」手がはやいです、赤西仁
C: 「一緒に帰りません?」にっこり微笑む紳士な田口淳之介
D: 「あのさ、俺寄りたいとこあるんだけど」一緒に帰ること前提の田中聖
E: 「俺も帰るー」偶然を装って一緒に帰ろうとする上田竜也
F: 「あ、送りますよ!女の人が夜道を一人で歩くのは 危ないですからね」優しい大人中丸雄一

げふん。

ひょっひょおおうううう!(壊)
D、E、F!

ナンデスカ?!これは!にょほほほほほほほほほh!
Dの、なんかもう何も言って無いけど、決定!良いです。
F。この普通の優しさ。良いです。

E!!!!!
良いんですか?!
一緒に帰って!!!!!!!
うほvvv
しかも、偶然!装って!
偶然装って、手も繋いでみt…ぎゃふん!!!!!!!

妄想万歳!うはあはははひ(全壊)



あーーーーーもう、KAT-TUNがたっちゃん!好き過ぎます!!!!!!!!!!!


11.次にバトンをまわすお友達の名前を

居ないです(涙)
此れ見た、KAT-TUN愛の方。
スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

氷櫻音羽

Author:氷櫻音羽
北に生息する妄想族。
主食は妄想。
ずっと二次元とラルクが好きだったけれど、KAT-TUNのデビューと共に三次元にも目覚めた駄目人間。

人生の岐路で迷走中のアラサーヲタク(涙)

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。