月夜桜閲覧室

管理人の戯言(日常・二次三次元の萌え)+創作小説です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトンではなく、キャラについて語ってみようか。其の弐

  1. 2006.
  2. 04.
  3. 28
  4. (Fri)
  5. 23:54
★キャラ語りは、なんだかんだで結構楽しいです。

今後も続けようかな?
っても、ヴィジュアルをアップできないのが不親切極まりないので、KOCキャラとわいもんのディストラキャラ(自分の子のみ)でやろうと思います。


★んー。やっぱりコメントは書き難いですかねぇ?
まぁ、そんなコメントしやすい事を書いてない私も私ですが・・・。
なんか、反応ないと不安になります。

まぁ自己満足のブログなんで、感想貰おうなんて勝手な話ですが。


では、今回もキャラ語り言ってみようか。
「バトンではなく、キャラについて語ってみようか。其の弐」の続き▽
亜桜 柳苑について。

現在ロストグラウンドのナイトメアに在住。
シャッフルあっても、ナイトメアに帰ります。
ルルララ様に忠誠を誓っているので。

柳苑の名前は、詩呉ちゃんとのサークルでのPNを変えようと思ったときに、考えた名前の流用です。
結構気に入った名前だったので、名前をイメージして絵を描いてみたのがきっかけです。

ネイスと違って、過去が暗くちょっと重いものを背負っていたりします。

赤い着物、黒い髪って言いうのはすぐに思いついて、包帯、白い肌っていうのはあとからだったかな。
和風キャラにしたかったの。
ワーウルフにしたのは、朔嬢にアドバイスを仰いで。あのときはありがとう!

女の子キャラで一人称が『俺』っていうのもやってみたかったので、其れも直ぐに決まりましたね。
綺麗めのキャラで、一人称が『俺』なのはやってよかった!と思います。

包帯で隠してる右目は『厄災の眼』と呼ばれるものです。
この設定も、割と初期の段階で出来上がってました。
いまだ『厄災の眼』はヴィジュアルには起こしていませんが、其のうち柳苑の雑記帳を紐解けば、その辺のことは解ってくるでしょう。

しゃべり方とかはこう、少し男っぽいっていうか、雑というか・・・丁寧語を使いませんね。なので茶室ではホント苦労しました。
小心者なんで、相手に『さん』をつけないで呼ぶのは私がどきどきでした。

でもナイトメアの人はいい人ばかりで・・・。沢山フォローしてもらいましたよ。ありがとうございました。
茶室に行ってたおかげでキャラが固まったところもありますし。
っていっても、本当は柳苑は茶室向きのキャラじゃないんですよ・・・。無口だし、勝気だし、諂わない。みたいな。
そんなんじゃ、茶室には行けないので、その辺茶室仕様ですが。

茶室では、柳苑の容姿を気に入ってくれて絵を描いてくれる人もいて、嬉しかったです。
最初に朔嬢に頼んだ顔絵が素敵だったからだね!


柳苑の一族『夜織』は私のオリジナルの世界観設定から、名前と『夜を知り、夜を奉る一族』っていうところだけ引っ張ってきました。
(*本来の世界観設定では、世界各国に国家レヴェルの顧客を持ち、国家機密レヴェルの情報を知っている、国の行く末を占う、占い師の一族です。まぁ詳しく書くとややこしい&長いのでこの辺で割愛*)
ホント、そういう大まかな設定だけなんで、そのままどっかの話に使いまわしたりするためのモノなので、柳苑の一族に其の一部を使いまわし。


柳苑については、物語に起こしたいことが沢山あるので、其のうち此処で柳苑が雑記帳を紐解いてくれるでしょうね。
私自身も楽しみです。

柳苑に絡んでるキャラは、柳苑の父母兄。厄災の眼を柳苑に渡した人物。(全て名前未定)かな。早く書きたいな。

柳苑を形作るためには沢山の人の協力を得ましたね。
朔嬢、ナイトメアの茶室でお世話になった方がた。
中でも朔嬢にはホント、いつもお世話になりっぱなしですよー。


ってことで、次回Destruction warsより、御影琴夜。行ってみようか?!
スポンサーサイト

COMMENT

初でドキドキだねっ

コメっていいのか悩んだとか言ってしまいましょう(ぉ

キャラ語りは楽しいです!
やはり我が子…聞く人が居なくとも語ってしまいたくなる不思議(駄

詳細が細かければ細かいほど愛を感じますー
コッソリ楽しんでるのでジャンジャン語って欲しい…なっ(こら

キャラ語りは結構楽しいよね。
 文にしてみて初めて見えてくることもあるし。

っていうか、
オリキャラを語る=わが子を語る
だと思うから、楽しくて当たり前なんだよね!

ちなみに、うちのブログは語りたくても腐ってない方も見てるので躊躇いがちです。(アレでカ

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

氷櫻音羽

Author:氷櫻音羽
北に生息する妄想族。
主食は妄想。
ずっと二次元とラルクが好きだったけれど、KAT-TUNのデビューと共に三次元にも目覚めた駄目人間。

人生の岐路で迷走中のアラサーヲタク(涙)

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。