月夜桜閲覧室

管理人の戯言(日常・二次三次元の萌え)+創作小説です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味のお話。

  1. 2009.
  2. 01.
  3. 15
  4. (Thu)
  5. 17:12
なまら雪降ってて、ちょっと引きました。

や、昨日の夜辺りから北国大荒れの予報で、確かに夜なまら風吹いてましたしね。
今朝(てか昼・うきうきウォッチングは25分くらいからした)、カーテン開けたらお向かいさんの車が雪だるま状態で『ワォ!』ってなった(笑)。

こりゃー今日中に玄関先と、車の雪をどかさないと明日の朝が大変だ。と思って、雪が落ち着いた4時位に雪かきしてきたんですが。
大体、膝丈ほどの降雪。
車が雪に埋もれていました。
ナンバープレートとタイヤが埋もれてて、車の頭とフロント硝子には20センチくらい積ってて。

しかも、アパートの除雪がまだ入っていないという体たらくぶり。
まぁ、多分雪が完全に落ち着いたらやるんだろうな、と思いつつ…でもなんか知らんが、ここのアパートの除雪、深夜なんだよね。丑三つ時。

目が覚めるっーの。
で、せかせか雪かきしたら、腰が痛いです。
雪かきの姿勢って、動きって、腰に悪いですもん。
(中腰から、重いものを持ち上げる、投げる…の繰り返しの動作だから)


そんなこんなで、雪かきするまで、お話を少し書いてたんですが、難しくて途中でやめました(汗)。
話の核が、『閉鎖された一族・特殊な風習』でして。
それをうまく説明しつつ、お話を進めるには、筋書きをちゃんとしないと無理!ってことが解りました。
今更です。
何時もその時のノリで進めているので…。
今回書きたい題材?が個人的に大好物な、日本独特の『じめっとしてて、暗い雰囲気』、なんで、今までとはちょっと違うので、もう少し勉強というか準備が必要ですね。
うまく説明できませんが、こう、日本家屋の昼間なのに廊下の先が暗くて見えない。襖の向こう側の闇、みたいな雰囲気が大好きなんです。

そのうち、横溝正史でも読んでみようかな…と。(金田一耕介)
其のほかにも目をつけてる作家さんと本があるんですが、今のところハードカバーしか出てないみたいなので…。

根暗ですかね。スイマセン。わかってますので。
スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

氷櫻音羽

Author:氷櫻音羽
北に生息する妄想族。
主食は妄想。
ずっと二次元とラルクが好きだったけれど、KAT-TUNのデビューと共に三次元にも目覚めた駄目人間。

人生の岐路で迷走中のアラサーヲタク(涙)

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。